【筋肉増強剤】メナボル

7
メナボル2mg|あんしん通販マート
メナボル2mg

【筋肉増強剤】メナボルの概要

メナボル2mgは、インドのCosme Farma社が製造するジェネリック薬で、主成分はスタノゾロールというタンパク質同化ホルモンで生成され、筋肉増強目的や遺伝性血管浮腫の治療に用いられています。
主成分のスタノゾロールは、タンパク質の合成を促進して筋肉を増強させ、体力消耗や貧血を改善して丈夫な骨にする働きがあるので、コンテストビルダーやアスリートなどの筋肉指向の体を作る目的で使用されています。
また、ダイエットをしながら筋肉量を落としたくない場合にも効果的で、男女問わずボディラインに対して意識の高い人から支持を得ています。
これらの他にも、赤血球を増幅させる働きがあるので、遺伝性血管浮腫の治療など医療の現場でも使われています。
メナボル2mgの服用方法は、筋肉増強の場合と遺伝性血管浮腫の治療の場合とでは、服用方法が異なりますので、「使用上の注意」を確認し、プロのスポーツ選手などが服用する場合は、ドーピング検査で陽性となりますので注意してください。

【筋肉増強剤】メナボルの効果

メナボル2mgは、服用することで筋肉増強の効果を得ることができるタンパク質同化ホルモン薬です。
主な有効成分であるスタノゾロールは体内にあるタンパク質の合成を促し筋肉の増強を図ります。
その上、赤血球を増やす働きを持っており疲れやすい体や貧血気味な体を改善した上に丈夫な骨の形成にも一役買います。
過去にはオリンピック金メダリストや五輪選手も使っていたほどで、その目的からヘビーユーザーからライトユーザーまで使用者は幅広く、世界的な認知度を有する副腎皮質ホルモン薬となっています。
しかし、現在はドーピングをしていると見なされることもあるのでアスリートの方は使用しないでください。
特徴として通常、副腎皮質ホルモンを使用した時にあるような男性の胸が女性の乳房のように隆起してしまう女性化乳房の症状や男性ホルモンの作られる量が低下してしまう睾丸の機能低下といった反動が少ない点も多くの支持を得るための要因となっています。
また、上記の赤血球増加の作用を持つことから、HAE(遺伝性血管浮腫)という体の様々な場所に腫れを引き起こしてしまう病気の治療にも用いられています。

【筋肉増強剤】メナボルの使い方・用法・用量

メナボル2mgは、スタノゾロールを主成分としたタンパク質同化ホルモン薬で、筋肉増強や遺伝性血管浮腫の治療にも用いられるジェネリック薬となっております。
筋肉増強目的での服用の場合と遺伝性血管浮腫治療での服用の場合とでは使用方法が異なり、筋肉増強目的での服用の場合は、1日6〜8mgを2〜3週間続けて服用するのですが、3週間を超える服用はしないように注意してください。
遺伝性血管浮腫治療での服用の場合は、1日3回食後に2mgを服用し始め、1ヶ月を過ぎた時点で1日2mgに減らして服用するようにしてください。
また、スポーツ選手などがメナボル2mgを服用すると、ドーピング検査で陽性となることがありますので、使用する前には医師の相談を受けるようにしましょう。

>>その他注意点などはこちらをご確認ください。

コメント

  • コメント ( 5 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 蓮士

    筋トレは数年前から続けていますが、メナボルでさらに筋肉が成長!
    あとは性欲が強くなりました(笑)夜も元気です!

  2. シックスパック王子

    できるだけ短期間で身体を絞りたかったのでメナボルを使用しました。
    たしかに筋肉の付き方が違う!腹筋に縦線が入りました!目指せシックスパック!

  3. めっちん

    筋トレをしても効果がなかなか表れずすぐに挫折してしまうのですが、メナボルを飲んでから効果が顕著に表れるのでモチベーションアップになってます!試してみる価値ありです。

  4. リハビリ中

    1ヶ月ほど入院して筋肉がだいぶ弱ってしまったので、メナボルを飲みながらウォーキングやトレーニングしてます。順調に筋肉が戻ってきています。

  5. 筋トレまにあ

    筋トレする前にメナボルを飲んでます。2週間飲んでますが副作用はなしです。
    トレーニング量は変わっていませんが、筋肉の付き方が良くなりました!